目的、用途別の格安SIMとご希望に合った格安スマホ選びをサポートできるように各社特徴などを紹介しています。

格安SIMスタート

格安シムの選び方

通話が多い人必見!格安SIMの通話料金節約術

投稿日:

通話が多い人の通話料金抑える方法

格安SIM、スマホに変更したいけど、通話を頻繁にするので通話料金が気になるという場合もありますよね?大手キャリアのスマホ契約では、「通話定額+データ通信容量を選択」するプランが主流となっており、通話をあまりしないほとんどの人にとっては意向にあわない契約内容と言えますが、普段から通話を頻繁に使う人にとってはそれまで従量課金で話しただけ通話料金がかかっていた時に比べればお得になった可能性もあります。
それでも、通話の多い人でも格安SIMを上手く活用することで、それまでのスマホ代を節約することは十分に可能であり、大手キャリアとの比較をしながら自分にあった選択の参考にしていただければと思います。

格安SIMで1時間通話すると2,400円もかかってしまう!

格安SIM通話料金30秒20円

格安SIMの場合、音声通話は30秒/20円の通話料金が発生します。

音声通話SIMの月次3GBプランで1時間通話した場合

60分 × 40円 = 2,400円

3GBプラン(音声通話プラン) = 約1,600円

合計 4,000円

となり、いくらデータ通信量が大手キャリアと比べて安くなっても通話を多くしてしまうとトータルで安くならず、2時間近く通話してしまった場合はほとんど大手キャリアの契約と変わらない料金になります。更に通話定額ではない為、話せば話すほど通話料が課金されてしまうため、やはり通話を頻繁に利用される方は注意が必要です。

格安SIMでできる通話料金を抑える方法!

では通話が多い人は格安SIMに変更できないのかというと全くそんなことは無く、頻繁に使う通話の種類(回数、時間etc)によって、最適なプランを検討することで格安SIMでも通話料を抑える事ができ、現在の契約内容と比較した場合にどちらがお得なのかというある程度の損益分岐を把握することも可能です。格安SIMを使った通話料金の具体的な節約方法としては以下のようなパターンがあります。

  • 無料通話であるLINEの活用
  • 通話料金を半額にする「楽天でんわ」の活用
  • 60分の無料通話「ビッグローブ電話」の活用
  • 楽天でんわ「5分かけ放題オプション」の活用
  • ガラケーとスマホを2台持ちするデータ専用SIMの活用

無料通話であるLINEの活用

無料で使えて、ほとんどのスマホユーザーが利用しているLINEであればメッセージの他にIP電話であるLINE無料通話を利用する事が可能です。この場合、電話回線を使わないIP電話のため、ネット通信の接続環境などによっては、声が遅延して聞こえるなど音声通話の品質と同等とまではいきませんが、通話をほとんどしない人や、友人知人とのちょっとした会話のやり取りであればLINE電話でも十分に活用できると思います。

通話料金を半額にする「楽天でんわ」の活用

無料で利用できる「楽天でんわ」アプリをスマホにインストールし、楽天でんわアプリ経由で電話をかけることで、通常の通話料を半額(30秒/20円→30秒/10円)にする事が可能です。私の場合はそれほど、通話をする機会は多くありませんが、電話をかける場合は「楽天でんわ」アプリ経由での発信を行っています。月額料金が発生するわけでもなく、相手への電話番号の表示もそのままなので格安SIMユーザーで通話の多い少ないに関わらず必須のアプリです。

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-
無料
posted with アプリーチ

60分の無料通話「BIGLOBEでんわ 通話パック60」の活用

「BIGLOBE SIM」契約者のみが無料で利用できる「BIGLOBEでんわ」の仕組みは「楽天でんわ」同様に通常の通話料金30秒/20円→30秒/10円にするものですが、月額650円のオプション料金を払うことで1時間分の無料通話パックが利用できる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を活用することができます。

1ヶ月の通話時間が30分~1時間程度なら「BIGLOBEでんわ 通話パック60」はおすすめ!

既に30秒/10円の通話半額を利用している場合でも大体30分程度の通話をすれば、650円になります。つまり1ヶ月の通話時間が30分~1時間程度以内の方であれば「BIGLOBE SIM」を使って「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を活用すれば通話料金を抑えることが可能です。

「BIGLOBE SIM」の詳細はこちら

楽天でんわ「5分かけ放題オプション」の活用

「楽天でんわ」アプリは誰でも利用する事が可能なサービスですが、楽天モバイルの契約者限定のオプションサービスとして5分間の通話であれば何回かけても月額850円の「5分かけ放題オプション」を活用する事ができます。大手キャリアにある通話定額プランのドコモの「カケホーダイライト」などと同様のサービスと言えます。

 

オプション名 月額料金 超過分
楽天モバイル 5分かけ放題オプション 850円 30秒/10円
docomo カケホーダイライト 1700円 30秒/20円
au スーパーカケホ
softbank スマ放題ライト

2日に1回以上5分以内の通話をするなら「5分かけ放題オプション」はおすすめ

既に30秒/10円の通話半額サービスを利用している状態での「5分かけ放題オプション」との損益分岐は月間の通話時間が40分以上前後あるかどうかというところです。
仮に5分以内の通話を頻繁に行っていても、月間の合計通話時間が40分以内であればオプション追加の料金的メリットはありません。
30分以上~1時間以内であれば先に出ている「BIGLOBEでんわ 通話パック60」の方が単純比較では通話料金を抑える事ができます。「5分かけ放題オプション」は5分程度の通話を2日に1回以上ペースで利用している場合にはおすすめできます。

「楽天モバイル」の詳細はこちら

ガラケーとスマホを2台持ちするデータ専用SIMの活用

ガラケーとデータSIMの2台持ち

LINE電話などのIP電話では難しく、音声通話でも月間1時間以上や5分以内の電話ではなく、更に多く通話を利用される場合であれば、ガラケーとスマホの2台持ちが実はもっとも通話料金を抑える組み合わせになります!!具体的にはガラケーで電話かけ放題プラン+データ専用SIMの組み合わせです。
ガラケーは国内の通話料が月額2,200円ですべてかけ放題で利用する事ができ、格安SIMのデータ専用SIMはプランにもよりますが定番の月間3GBのプランならほとんど月額900円程度で利用する事が可能です。
合計 3,300円程度で国内通話かけ放題+3GBデータプラン
現在ガラケー利用中で、通話をメインで使用し、LINEなど一部の機能のためにスマホを検討したいという場合でも、無理にMNPによる乗り換えをせずに、データ専用SIMとの組み合わせという選択肢も考えられます。

docomoでガラケーの通話し放題を組む場合

ドコモではガラケーのカケホーダイプランを2,200円で契約する事が可能です。これはドコモショップに自分で別途購入したドコモ版のガラケーを持ち込んで手続きをする事で実現するものです。ドコモで新規にガラケーを購入すると結果として非常に複雑なその他のプランに半ば強制的に加入することになり、結果ガラケーだけに倍以上の月額料金を支払うことになります。ドコモ版のガラケーは過去に使用していた端末が利用可能であればそれを再活用すればよいですし、端末が無くても、ブックオフなどにある中古端末を利用する事も可能ですし、amazonなどで「ドコモ ガラケー 白ロム」を検索して購入することも可能です。

ドコモカケホーダイプラン

参考 ドコモ:カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン

softbankでガラケーの通話し放題を組む場合

ソフトバンクの場合も「スマ放題」プランをガラケーで利用でき、月額2,200円で国内通話し放題となります。S!ベーシックパックはあくまで任意加入となる為、加入の必要はありません。こちらもソフトバンクのガラケーをamazonなどで「ソフトバンク ガラケー 白ロム」を検索して、購入。ソフトバンクショップに持ち込めば通話のみのプランの契約が可能です。

ソフトバンクスマ放題プラン

参考 ソフトバンク:料金体系 詳細(3G ケータイ)

auでガラケーの通話し放題を組む場合

auも「電話カケ放題プラン」が用意されており月額2,200円で国内通話かけ放題で利用する事が可能です。この場合もガラケー本体はオークションサイトやamazonで「au ガラケー 白ロム」を検索して端末を入手し、最寄のauショップに持ち込んで契約することで利用可能となります。

auカケホ

参考 au:3Gケータイ 料金・割引プラン

通話を多くする人が格安SIMで通話料金を抑えるまとめ

上記のように、通話を頻繁に利用するが故に、格安SIM、スマホへの変更に踏み切れないという場合でも、実際の利用状況に合わせて最適なプランや組み合わせを行う事で通話料金を含めたスマホの月額料金の大幅な節約に繋がる可能性もあります。
同じ料金を支払ったとしても今よりもより便利な通信環境を手に入れる事ができるのではないでしょうか。データ通信分を月間3GBプランとした場合の大まかな比較になります。

高速通信容量2~3GBプランで比較

  大手キャリア
のスマホ契約
格安SIM+(LINEや
楽天でんわ)
BIGLOBE
でんわ
通話パック60
楽天でんわ
「5分かけ放題オプション」850円/月
ガラケー通話
+
データ通信専用SIM
内容 通話定額(5分以内含む)+2GBデータプランの場合 月次3GBの音声通話プランの場合 月次3GBプラン+60分無料通話の場合 月次3.1GBプラン+通話5分かけ放題 国内かけ放題+3GBデータ専用プラン
料金 7000~8,000円 1,600円
(+通話料金)
2,250円 2,450円 3,300円

ガラケーとの2台持ちユーザーであれば今すぐ検討できる

最終的にもっとも効果の高いと思われるガラケーとの2台持ちを選択する場合、格安SIMはNMPではなくデータ専用SIMを新規契約するだけです。現在、大手キャリアのスマホを利用しているという場合でも、スマホ契約→ガラケーへのプラン変更も解約ではなく機種変更の為、違約金は発生しません。以上を踏まえてガラケーを活用した通話料金を抑える方法を選択される場合でも、格安SIMの選び方は目的別、用途別に選べば満足いくプラン選択ができると思いますので是非ご参考ください!!

-格安シムの選び方

Copyright© 格安SIMスタート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.