目的、用途別の格安SIMとご希望に合った格安スマホ選びをサポートできるように各社特徴などを紹介しています。

格安SIMスタート

格安シムでの運用について 格安シムの選び方

【OCN モバイル ONE】で日次プランの1日110MBはどれくらい使えるか

投稿日:

管理人が格安シムを利用してからずっと契約している日次プランですが、元々は1日70MB程度の高速通信が次第に容量が緩和され、現在では1日110MBまで利用できるようになっています。

格安シムへの切り替えを検討するにあたり、110MB/1日はどの程度スマホを利用できるかという疑問に対して少しでも参考になればと実際に1日中で110MBに達するまでをまとめてみました。

先に結論をいうと、常時、高速通信でないと困るというような方にはこの日次プランや、定番の月次3GBプランなどは適さないと思われ、格安シムへの切り替え自体を再検討する必要があるかと思います。

参考までに110MBの使い方【オフィシャルサイト】

ocn110mbsample

「110MB/日コースでできること」 - OCN モバイル ONE -

上記はOCNモバイルONEの紹介ページにて110MBの参考使用例として、大学生と社会人がスマホを使って時系列にどの程度データを消費するかを表しています。

知人や友人とのやりとりを行うであろうメッセージアプリは「LINE」や「FACEBOOKメッセンジャー」を指していると思われこれらは100往復でも0.5MB程度でほとんどデータ通信を消費していません。

また「youtube」などの動画視聴では数十MBでデータ消費を行っているようですが、実際、管理人の使い方では、高速通信時ではよほどの事がない限り動画は見ないようにしています。それくらい動画は一気にデータ消費をする印象があります。

上記の例では最終的に1日を通して110MBを使い切らずに余ってしまったということになります。ocnモバイルoneの場合余った分は、日次プランの場合翌日に繰越されるようになっています。

実際、自分で使ってみるとどうか

管理人は社会人ですが、日によってオフィスにいる事もあれば、1日外に出ていることもあり、毎日同じ生活リズムではないのですが、比較的データを消費しやすいであろう、外に出ている日を観測してみました。

※外出しているときの方が移動中にスマホを触っている時間が長いです。

起床~13時くらいまで

Screenshot_2016-01-22-12-50-36

朝起床してから、直行で移動しているわけですが、午前中はほぼ移動という内容の為、電車での移動中にスマホをいじっています。~13時ですでに「53MB」を消費しています。

実際に使っているアプリは

Screenshot_2016-01-22-12-51-04

ここまでで使用してるアプリはクロームが一番多く、何かしらの調べものなどで、検索→WEB閲覧をしているのではないかと思います。

その他ニュースアプリなどは読み込み時にデータを消費する為、起動すれば5MB前後の消費をするのではないかと思います。

facebookなども、テキストだけの投稿よりも話題のニュースなどがシェアされる事が多いので比較的データを消費する印象があります。

13時~18時で110MBに到達

Screenshot_2016-01-22-18-14-46

この日は1日外出しているわけですが、電車での移動が多く、スマホを触っている時間がながかったと言うこともありますが、18時の時点で110MBに到達しています。

後半で消費したアプリは

Screenshot_2016-01-22-18-15-07

前半にデータを消費しているアプリとさほど変わっていませんが、facebookは時間を置いて読み込むと新規の投稿を読み込むだけデータを消費するようです。

ちなみに、画像では上記のアプリのみ表示されていますが、実際にはLINEでの会話なども行っております。こちらは参考データにもあるようにほとんどデータを消費していない為、その他のアプリに比べて上位に上がりません。

実際110MBまでのデータ使用量を観察してみての管理人の感想としては、110MBは普通にスマホを触っていれば午後には使い切るという事です。

この日はWEBで検索などはしていますが、動画の視聴はしていませんが、18時の時点で110MBに到達しており、日によっては昼過ぎに使い切ることもあります。

110MB/1日を越えても通信できないわけではない

日次プランや月次プランにせよ、設定された通信量を超えてしまったとしても、それ以降データ通信が出来なくなってしまうわけではありません。管理人が使っているocnモバイルoneでは1日の高速通信(110MB分)を使い切ると自動的に200kbpsに速度が制限されるだけです。

これは他社の格安シムでも同様で、高速通信を使い切った場合は自動的に低速に切り替わります。

各社の高速通信と低速通信

OCN モバイル ONE IIJmio BIGLOBE SIM mineo UQ mobile
最大受信速度 262.5Mbps 225Mbps 262.5Mbps 225Mbps 150Mbps
低速通信 200Kbps

200kbpsの低速通信ではアプリの起動やホームページの読み込みなどが遅いかというと、確かに高速通信と比べれば、遅く感じる場合もありますが、そこまで気にするような体感ではないように思います。

慣れれば高速/低速を上手に切り替え

上記に挙げている格安シムの中で「BIGLOBE SIM」以外は高速/低速の切り替え機能が付いています。そのため、月次プランなどでは細かく切り替えを行う事で、高速データ分を翌月に貯金する事が可能になります。

初めて格安シムを利用するに当たり、高速低速の切り替えをあまり意識する必要がないのは、やはり日次プランになるかと思います。

プラン選択に関してはこちらもご参考にしていただけます。

日次プランか月次プランか?

実際に自分が現在1日にどの程度データ消費を行っているのかを確認するには下記のアプリでも確認可能です。

My Data Manager

My Data Manager
無料
posted with アプリーチ

格安シムも色々なプランがある為、検討しているうちに考えがまとまらなくなる場合があります。

ただ、シンプルに考えれば、格安シムに変える理由は高いと感じている毎月のスマホ代を下げるという1点でよいと思います。

日次110MBや月次3GB以上のプランを契約していたとしても、全く気にせずスマホで動画視聴やアプリのダウンロードをしていればすぐに上限まで到達することになります。

ある程度データを気にしながら使えば、結果的に3GB程度に収まる事が多く、仮に低速だとしても普段のスマホの利用では支障はありません。

格安シムに変更しても支障がさほどなく、大幅にスマホ代を下げられるわけですから、このサイトを見て、格安シムまたは格安スマホを検討しているあなたには間違いなくおススメできます!!

 

-格安シムでの運用について, 格安シムの選び方

Copyright© 格安SIMスタート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.