目的、用途別の格安SIMとご希望に合った格安スマホ選びをサポートできるように各社特徴などを紹介しています。

格安SIMスタート

OCN モバイル ONE 格安シムの選び方

格安シムの本命「OCN モバイル ONE」の詳細について

投稿日:2016年3月21日 更新日:

OCN モバイル ONE

「OCN モバイル ONE」はNTTコミュニケーションズが運営する格安シムサービスになります。格安シムの開始当初より、事業展開され、テレビCMなど積極的なプロモーションも実施しています。

OCN モバイル ONEとは

「OCN モバイル ONE」は大手電気通信事業者であるNTTコミュニケーションズが運営する、MVNO事業になります。NTTコミュニケーションズはNTTのグループ子会社として、以前よりインターネットプロバイダー事業である「OCN」を運営しています。

既にインターネットプロバイダーとしての顧客への通信サービスの運営実績があるだけに、格安シムのサービス提供に関しても、その運営ノウハウを提供し、安心して利用できる格安シムサービスを展開されています。

事実としてこれまでにMM総研が実施しているMVNO利用者へのアンケート調査では常に格安シムのトップシェアを維持しています。

独自サービス型SIMにおける上位6事業者のシェア(2016年3月末)

 

2016年3月末時点の事業者シェアを見ると、1位はOCNモバイルONE等を提供するNTTコミュニケーションズ。

参考 国内MVNO市場規模の推移(2016年3月末)

格安シムはデータ専用シムの場合は最低利用期間が無いことや、音声通話機能付きプランでも12ヶ月=1年程度で違約金などはなくなることから、格安シムから他の格安シムへ乗換えがしやすいという部分もありますが、それでも現時点で常に利用者のシェアトップを維持しているということは、実際に「OCN モバイル ONE」を利用しているユーザーが特に不満などがなく、満足して利用できているという証明になっているとも言えます。

先に公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。
OCN モバイル ONEの公式ページを見てみる

「OCN モバイル ONE」はこんな人におすすめ

  • 日次プランで高速通信分を毎日均等に使いたい人
  • 音声通信プランを口座引き落としで支払いたい人
  • ラジオアプリなど常時ストリーミングサービスを使いたい人
  • 格安シムの利用が初めてでどれを使ってよいかわからない人

「OCN モバイル ONE」利用プランの内容について

利用可能なプランに関しては、音声通話対応シム、データ専用シム、SMS対応シム(データ専用+SMS)の3種類のシムカードから選択する事が可能となり、データ通信量に関しても、通信容量が1日単位で更新される、日次プランと1ヶ月単位で更新される月次プランから選択する事が可能です。

「OCN モバイル ONE」の通信プランは

 

  音声通話対応シム データ専用シム SMS対応シム
110MB/日コース 1,600円 900円 1,020円
170MB/日コース 2,080円 1,380円 1,500円
3GB/月コース 1,800円 1,100円 1,220円
5GB/月コース 2,150円 1,450円 1,570円
10GB/月コース 3,000円 2,300円 2,420円
15GB/月コース
(最大通信速度500kbps)
2,500円 1,800円 1,920円

「OCN モバイル ONE」のオプションサービスについて

留守番電話 300円(月額)
キャッチフォン 200円(月額)
050plus 音声通話シム(無料)・SMS付きデータシム(150円)
OCN マイポケット 300円(月額)
マイセキュア for スマートフォン 250円(月額)

「OCN モバイル ONE」初期手数料・最低利用期間など

初期事務手数料 3,000円
通信規制 無し
高速通信のON/OFF 有り
支払い方法 クレジットカード・口座引き落とし
データ繰越し 可能
SIMカードサイズ nano・micro・標準
最低利用期間 6ヶ月(音声通話)・無し(データ専用)
解約費用 8,000円(最低利用期間内の場合)
プラン変更 可能。翌月1日より適応
SIMカード変更 3,000円

アイフォンで「OCN モバイル ONE」を利用するには

「OCN モバイル ONE」はドコモの通信網を利用した格安シムサービスになります。そのため、アイフォンで使いたい場合には、ドコモの白ロムであるアイフォンを用意するか、シムフリーのアイフォンがあれば利用する事が可能です。

「OCN モバイル ONE」の動作確認済みアイフォン端末

  端末 カードサイズ IOSバージョン
SIMフリー iPhone 4 microSIM iOS 7.1.2
iPhone 4s microSIM iOS 9.0
iPhone 5 nanoSIM iOS 9.0
iPhone 5c nanoSIM iOS 9.0
iPhone 5s nanoSIM iOS 9.0
iPhone 6 nanoSIM iOS 9.0
iPhone 6 Plus nanoSIM iOS 9.0
iPhone 6s nanoSIM iOS 9.0.1
iPhone 6s Plus nanoSIM iOS 9.0.1

 

  端末 カードサイズ IOSバージョン
NTTドコモ iPhone 5s nanoSIM iOS 9.0
iPhone 5c nanoSIM iOS 9.0
iPhone 6 nanoSIM iOS 9.0
iPhone 6 Plus nanoSIM iOS 9.0
iPhone 6s nanoSIM iOS 9.0.1
iPhone 6s Plus nanoSIM iOS 9.0.1

「OCN モバイル ONE」のアイフォン接続設定方法

「OCN モバイル ONE」ではアイフォン含む、アンドロイド端末に関しても、初回の接続設定(APN)を専用のアプリより自動で設定できる便利な仕様になっています。アイフォンに関しては端末のバージョンに応じて自動的に構成プロファイルもダウンロードしてくれる仕組みなので利用も非常にスムースです。

OCN モバイル ONE アプリは、インターネット初期設定の補助機能、利用した通信量や残りの通信容量の確認、契約情報・利用明細の確認、容量追加・コース変更などのお申し込み、通信容量を節約できるターボOFF/ONの切り替え機能などがついた便利なアプリです。ぜひ、アプリを利用しての設定をおすすめします。

OCN モバイル ONE アプリ

OCN モバイル ONE アプリ
無料
posted with アプリーチ

 

「OCN モバイル ONE」のおススメポイント

初期事務手数料

通常3,000円の事務手数料ですが、amazon経由でシムカードを注文することで最大90%OFFで購入すること可能です。300円程度。

通信規制無し

大手通信キャリア含め、格安シムでも、直近3日間の通信容量が一定数を超えた場合に、翌日の通信速度を制限する場合があります。これは、高速/低速の切り替え時の「低速通信」よりも更に遅く大体125kbps程度(通常の低速通信は200kbps程度)。

実際に操作していても、遅いと感じるレベルですが、「OCN モバイル ONE」の場合この通信規制がありません。

数ある、各社格安シムの中でもこの通信規制がないプランは数件しかなく、実は「OCN モバイル ONE」を選ぶ理由になる場合もあります。

具体的にはラジオアプリの「radiko」などストリーミングサービスを長時間利用されるような場合、1時間当たり約25MB程度の通信量を消費する為、仮に3日で366MB程度の通信制限があると14時間~15時間程度で通信規制の対象になります。

支払い方法

格安シムの支払い方法はほとんど、クレジットカードになりますが、「OCN モバイル ONE」も原則はクレジット払いとしながらも、口座引き落としによる利用も可能になります。データ通信のみのシム契約であれば、数社口座引き落としが可能な場合もありますが、音声通信機能付きのプランでクレジットカード不要な格安シムは「OCN モバイル ONE」になるかと思います。

高速通信のON・OFF/有り

高速通信と低速通信の切り替えをスマホから行う事が可能になります。これにより、アプリのデータダウンロードなどの場合や、地図アプリの立ち上げ時には高速通信を使って、通常の待機時には低速にしておくというような利用方法が可能です。

日次プランと月次プランの選択が可能

初めて格安シムを利用される場合、それまでそのような速度の切り替えがなかった為に、月間の高速通信分をすぐに消費してしまい、残りの期間は翌月までずっと低速を我慢しないといけないという自体も起こります。そこで、日次プランを利用することで、特に高速低速の切り替えを意識しなくても、毎日均等に高速通信と低速を利用できるというバランスの取れたデータ通信の消費を可能とします。

格安シムではほとんどが月次プランの中、日次で利用できるプランを提供している「OCN モバイル ONE」は初めて格安シム・格安スマホにデビューするユーザーには使いやすいプランになると思います。

⇒こちらでも解説しています「日次プランか月次プランか?」

OCN モバイル ONEの公式ページを見てみる

「OCN モバイル ONE」の弱点・デメリットなど

月次プランの3GBコースが高い

格安シムのプランでもっとも利用されている標準プランである月次更新の「3GB」コースですが、「OCN モバイル ONE」の場合、音声通話機能付きで1,800円/月となりますが、他社で同等のプランの場合、1,600円/月というプランが一般的です。

高いと言っても差額200円ですが、同社で1,600円のプランは日次110MBコースになります。月次プランでの利用を検討している方は他社の格安シムがおススメになります。

格安スマホの端末セット購入が一括払いである

端末とセットで格安シムを契約する格安スマホの場合、多くの事業者では、一括販売ではなく、分割(24ヶ月=2年)での販売をしており、格安シムの利用プランにスマホ端末の価格を分割で上乗せして契約する事が可能です。

一括で購入する場合はamazonや楽天などのECサイトでも同様のシムフリー端末を購入することも可能です。

「OCN モバイル ONE」のまとめ

「OCN モバイル ONE」は第三者機関の調査による格安シムの利用者シェアでも常にトップを維持しています。これは積極的なプロモーションにより、ユーザーを獲得して、利用者が増えてもしっかりとユーザーをサポートする体制があったり、通信速度に関しても、ある程度の品質を維持できていると思われます。

日次プランであれば、特に通信の高速低速を意識することなく、利用もできる為、スマホ以外に自宅などで、WIFIの高速通信が出来る場合にはそちらで、アプリのダウンロードなどを行うようにする事でバランスのよい格安シムの利用が可能になると思います。

それまで大手携帯電話のキャリア契約をしていた方がまず始めに利用する格安シムとしては非常におススメできるMVNOとなります。

⇓公式サイトへはこちらから
OCN モバイル ONE

-OCN モバイル ONE, 格安シムの選び方

Copyright© 格安SIMスタート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.