目的、用途別の格安SIMとご希望に合った格安スマホ選びをサポートできるように各社特徴などを紹介しています。

格安SIMスタート

NifMo 格安シムの選び方

「NifMo バリュープログラム」でお得に楽しめる「NifMo」について

投稿日:2016年4月10日 更新日:

NifMoとは

NifMo

「NifMo」を運営するニフティ株式会社は、富士通の連結子会社であり90年代よりインターネットサービスプロバイダを主力事業とする老舗の電気通信事業者になります。
顧客へのサポート体制含め安心して利用できるMVNOサービスです。

 

先に公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。
NifMoの公式ページを見てみる

NifMoはこんな人におすすめ

  • 「NifMo バリュープログラム」を利用して飲食やショッピングをお得に楽しみたい人
  • ネット接続できるモノがスマホのみで、公衆無線LANサービスをお得に利用したい人

「NifMo」は老舗インターネットプロバイダーのニフティが運営していることからも通信品質を重視しており、ユーザーの利便性を考えた運営をしています。契約者が増えて一時的に通信速度が低下した場合でも定期的な回線の増強を行い速度改善が行われていることからも安心しておススメできるMVNOサービスです。

NifMoのプラン内容について

「NifMo」では音声通話機能の付いた「音声通話対応SIMカード」とデータ通信のみの「データ通信専用SIMカード」に分かれ、月間の高速通信分が3GB、5GB、10GBの3プランより選択が可能なオーソドックスな通信プランになります。

NifMoの通信プランは

  データ通信専用 SMS対応 音声通話対応
3GB 900円 1,050円 1,600円
5GB 1,600円 1,750円 2,300円
10GB 2,800円 2,950円 3,500円

NifMoのオプションサービスについて

データおかわり0.5GB
(当月利用のみ)
900円/0.5GB
SMS 150円/月(データ専用プランのみ)
割込通話サービス LTEプラン 無料
VoLTEプラン 200円/月
NifMo 訪問レクチャー 月額料金 24カ月間 480 円(税抜)
初回訪問レクチャー 無料
再訪問レクチャー 60分 6,500 円(税抜)
延長料金 15分 1,380 円(税抜)
NifMo プリント 月額料金 380 円(税抜)
送料 1パック(収容上限100枚まで)毎に120円(税抜)
焼き増し 1枚10円(税抜)
NifMo でんわ 国内かけ放題プラン月額料金 1,300 円(税抜)
国内+海外かけ放題プラン月額料金 2,700円(税抜)
NifMo あんしん保証 月額料金 380円/月
交換代金(1回目) 5,000円
交換代金(2回目) 10,000円
交換代金(3回目以降) 定価
NifMo あんしん保証 for SIMフリー 月額料金 380円/月
修理代金(1、2回目) 0円
交換代金(1回目) 4,000円
交換代金(2回目以降) 8,000円

NifMoの初期事務手数料・最低利用期間など

初期事務手数料 3,000円
通信規制 3GBプラン ~650MB/3日間
5GBプラン ~1,100MB/3日間
10GBプラン ~2,200MB/3日間
高速通信のON/OFF 無し
支払い方法 クレジットカードのみ
データ繰越し 有り
SIMカードサイズ nano・micro・標準
最低利用期間 利用開始翌月から6ヶ月間
(音声通話対応のみ)
解約費用 8,000円
プラン変更 24日までのお申し込み:翌月1日に変更
25日以降のお申し込み:翌々月1日に変更
SIMカードの発行手数料 3,000円

NifMoでアイフォンを利用するには

「NifMo」はドコモの通信網を利用したMVNOサービスになります。そのため、アイフォンに関してもドコモ版のアイフォンとシムフリーのアイホンであれば基本的に利用可能です。

NifMoの動作確認済みアイフォン端末

シムフリー版アイフォン

端末名 OS SIMサイズ
iPhone 5 iOS9.3 nanoSIM
iPhone 5c iOS9.3 nanoSIM
iPhone 5s iOS9.3 nanoSIM
iPhone 6 iOS9.3 nanoSIM
iPhone 6s iOS9.3 nanoSIM
iPhone 6s Plus iOS9.3 nanoSIM
iPhone SE iOS9.3 nanoSIM

 

ドコモ版アイフォン

端末名 OS SIMサイズ
iPhone 5c iOS9.3 nanoSIM
iPhone 5s iOS9.3 nanoSIM
iPhone 6 iOS9.3 nanoSIM
iPhone 6 Plus iOS 9.2.1 nanoSIM

参考 NifMo 動作確認済みデータ端末一覧

NifMoのアイフォン接続設定方法

設定には専用の構成プロファイルが容易されていますのでそちらをインストールして接続設定を行います。

参考 iOS搭載端末の接続設定(APN設定)を行う方法

NifMoのおススメポイント

独自サービス「NifMo バリュープログラム」が使える

「NifMo」の契約者限定のサービスとして、「NifMo バリュープログラム」があります。これはNifMoと提携しているお店で買い物をしたり指定のアプリのインストール。アンケート回答、無料お試し登録などをする事でそのプログラムに応じて設定された報酬額分をNifMoの月額料金から割り引くことができるサービスです。
アプリのダウンロード&起動で100円前後の報酬を獲得できる場合や、無料期間中の登録でも100円前後の報酬を獲得することが可能です。

「食べて貯める」で飲食店モニターでも還元

食べて貯める

また「NifMo バリュープログラム」の中に「食べて貯める」という飲食店モニターもあり、約1500店舗近くの異なるジャンルの飲食店にて飲食後のアンケート回答にて利用代金の一部を還元する事ができ、こちらも「NifMo」の月額利用料金より割り引くことが可能です。

参考 食べて貯める お得で美味しい割り引きチャンス!

BBモバイルポイントが無料で使える

「NifMo」をご利用中の方なら、有料Wi-FiスポットであるBBモバイルポイントが追加料金なしで利用可能です。BBモバイルポイントは全国のマクドナルドにて利用が可能な為、多くの方が利用する事が可能になると思います。また有料の公衆無線LANサービスである「wi2 300」は月額362円(税抜)の為、無料で利用できることを考えると他社の格安シムサービスを利用するよりも「NifMo」の方がお得と言うこともできます。

月額1,300円で国内IP電話かけ放題の「NifMoでんわ」

通常の音声通話回線ではなく、インターネット回線を利用したIP電話サービスとして月額1,300円の定額で通話し放題の「NifMoでんわ」を利用する事が可能です。同様のサービスに「050プラス」や「LaLa Call」がありますがこちらは通話課金制になっており、スマホへの発信は通話料1分/18円となります。
つまり 1,300円 ÷ 18円 = 72分。となる為、IP電話サービスを利用して1ヶ月に70分以上利用される人にはおススメのサービスとなります。

NifMoの公式ページを見てみる

NifMoのデメリットや弱点など

高速通信のON/OFF 無し

格安スマホのサービスでは、比較的スタンダードな機能として利用者自身がデータ通信の高速と低速を切り替える事が可能な場合があり、これを上手く活用することで、月間の高速通信容量を効率的に消費させ、あまった分を翌月に繰越するという使い方があります。
その機能が「NifMo」にはない為、月次の高速データ分を使い切り、引き続き高速通信を利用したい場合は「データおかわり0.5GB/900円」の追加料金が発生します。

プラン毎の通信規制

MVNOサービスにある通信規制も各社様々ですが、基本的には直近3日間のデータ通信の合計が指定する上限を超えた場合に通信速度を規制するものです。
高速通信分は規制の対象に含めず、低速時の利用量をカウントするケースが多いですが、「NifMo」の場合は月次プランの上限容量を使い切るまで常時高速通信の為、特に調整することなく、直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:650MB、5GBプラン:1,100MB、10GBプラン:2,200MB)にて規制時は通信速度が200kbpsになります。

定額音楽配信サービスやラジオアプリなどを1日のうちで5時間など利用する場合にはプランによっては規制の対象になる可能性があります。

↓「NifMo」の公式サイトはこちら
NIFTYの次世代ローコストスマホ「NifMo」

-NifMo, 格安シムの選び方
-

Copyright© 格安SIMスタート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.