目的、用途別の格安SIMとご希望に合った格安スマホ選びをサポートできるように各社特徴などを紹介しています。

格安SIMスタート

格安シムの選び方

格安SIMを試す!データSIMランキング

投稿日:2016年6月23日 更新日:

データSIMは通常の音声通話(090・080)などの電話番号がないデータ通信のみ利用可能な格安SIMの通信プランになります。最低利用期間が無いことから気軽に格安SIMを利用したい場合や2台目のスマホやタブレットに最適です。このページではデータSIMのなかでもプラン数の多さや開始月を無料となる格安SIMを評価してまとめています。

格安SIMを試すデータSIMはこんな人におすすめ

  • 音声通話機能が必要ない人
  • MNP前に格安SIMを検討中の人
  • 格安SIMに興味あるけど不安な人

rank1dmmmobile




DMM mobileの特徴


DMM mobileは業界最多プランを宣言しておりデータSIM、音声通話SIM合わせて20プランが用意されています、データSIMだけでも10プランの選択が可能で、月々440円から開始することが可能です。格安SIMをデータSIMでお試し利用する場合でも、安く始められて、色々な通信容量を選べるDMM mobileはおすすめの格安SIMになります。

月間コース データSIMプラン SMSオプション
ライト(常時200Kbps) 440円 プラス150円/月
1GB 480円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1,210円
7GB 1,860円
8GB 1,980円
10GB 2,190円
15GB 3,600円
20GB 4,980円

詳細ページはこちら

公式ページはこちら 

 

icon-rank-tk02_m02mineo




mineoの特徴


mineoはマルチキャリア対応の格安SIMの為、ドコモ端末もしくはau端末どちらかで利用する事が可能で通信プランも500MB、1GB、3GB、5GB、10GBとバランスよくプランを選択でき、自分にあった格安SIMの高速通信容量をテスト可能です。またauプランの場合データSIMでもSMS利用料が無料(他は+120円/月)でありauでデータSIMを使いたい、もしくは完全乗換え前のお試し期間として利用する場合もおすすめです。

月間高速通信容量 データ通信のみ
(auプラン・docomoプラン)
SMS利用料
500MB 700円 docomoプラン:120円
auプラン:無料
1GB 800円
3GB 900円
5GB 1,580円
10GB 2,520円

詳細ページはこちら

公式ページはこちら

 

icon-rank-tk02_m03楽天モバイル




楽天モバイルの特徴


楽天モバイルはポイント還元など楽天ユーザーには魅力的な独自サービスが容易されていますが中でも利用開始の初月が全プランで月額料金無料となっています。このためデータSIMを利用した格安SIMのお試しテストの場合2ヶ月間利用しても1ヶ月分の利用料金でデータSIMをテストすることができ、初月は比較的高速通信分が多い5GBか10GBを試した後で翌月は3.1GBに変更してみるというような事も可能です。

  データSIM(SMSなし) データSIM(SMSあり) 最大受信速度
ベーシックプラン 525円 645円 200kbps
3.1GBプラン 900円 1,020円 225Mbps
5GBプラン 1,450円 1,570円 225Mbps
10GBプラン 2,260円 2,380円 225Mbps

詳細ページはこちら

公式ページはこちら

 

格安SIMを試すデータSIMのおすすめポイント

音声通話SIMに比べて安い

音声通話SIMの場合、データSIMの月額料金に+700円が加算される分、音声通話を必要としない場合にはその分月額料金を抑えることが可能です。その分高速データ通信容量を増やしたプランの選択も可能です。

最低利用期間が無い

音声通話SIMの場合、大手キャリアの2年縛りまでは長くありませんが、契約から6ヶ月~12ヶ月の最低利用期間が設定されています。(ほとんどの場合12ヶ月間)この間に解約や他社へのMNP転出を行うと違約金として8,000円~1万円程度の支払いがあります。
一方データSIMには最低利用期間がない為、最短、利用開始した月に解約をしても問題ありません。各社の格安SIMを試したい場合や、MNP前のテスト運用などの場合にはデータSIMの利用をする事で音声通話以外はほぼ忠実に格安SIMを利用している状況を再現することが可能です。格安SIMの乗換えを検討しているけど実際使ってみないと不安という方には間違いなくおすすめです!

格安SIMを試すデータSIMのデメリットや弱点など

事務手数料3,000円がかかる

メリットにあるように音声通話SIMよりも安く利用する事ができ、最低利用期間もない為乗り換えまえのお試し利用にデータSIMはおおすすめですが、初回事務手数料3,000円はデータSIM、音声通話SIMに限らず各社発生します。この部分に関しては使い切りのプリペイドSIMを使うという方法もできます。

-格安シムの選び方

Copyright© 格安SIMスタート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.